Club Ammona
UPCOMING 一覧へ戻る

#SP GUEST EVENT

Birthday Bash Night -LITTLE & MASSATTACK & 44delic-

REGULAR EVENT : サタモナ

豪華ゲスト!5/4(SAT)のサタモナはバースデーバッシュを開催!

LITTLE from KICK THE CAN CREWとMASSATTACK from Spontania、さらにモナキングと44delickも登場!

BIOGRAPHY

LITTLE from KICK THE CAN CREW

1976年5月7日 東京・八王子生まれ。KICK THE CAN CREWのリーダー&MC。
1996年、ZINGI「ライム遊戯」への客演、1998年、ミニ・アルバム「いいの」でソロ・デビュー。

マッチョイズムを離れたリリック&MCスタイルは日本のポップシーンに革命を起こし、KICK THE CAN CREW(KREVA、MCU、LITTLE)を結成後、ブレイク目前の2001年にソロ初のフル・アルバム『Mr.COMPACT』をリリース。
2004年KICK THE CAN CREWの活動休止に伴い、ソロ活動再開。

DJ FUMIYA(RIPSLYME)東京スカパラダイスオーケストラ、トータス松本等とのコラボで話題となった2ndアルバム『LIFE』をリリース。
2006年には人気アニメ「おでんくん」(リリー・フランキー作/NHK教育テレビ)のエンディングテーマを担当し『ニセおでんくん』役で声優としても出演。2008年にはMICRO(HOME MADE 家族)、SHOGO(175R)、童子-T、Mummy-D(RHYMESTER)、Metis等が参加し3rdアルバム『“YES”rhyme-dentity』をリリース。

2014年2月には約6年ぶりの新作「アカリタイトル1」を発表。盟友TAICHIMASTERに、FG UNITからDJ ISO(MELLOW YELLOW)、ヨースケ@HOME、Shingo.S等によるトラックメイキングに加え、フィーチャリングヴォーカルとして、FLYINGKIDS浜崎貴司に清水翔太や加藤ミリヤとのコボでも知られるSHUNが参加。SUPER BUTTER DOGの名曲「FUNKYウーロン茶」を大胆リメイクした「FUNKYウーロンハイ」や、30人を超えるラッパーやクリエーターによる「D.R.E.A.M」等、話題満載のチューンが目白押しのアルバムとなった。
現在はKICK THE CAN CREW、UL、アスタラビスタの1員として活動中。

UL : http://www.ulstars.jp/

MASSATTACK from Spontania

2007年、Microが設立したレーベルPRIMARY COLOR RECORDZよりデビューしたSpontania。

MassattackとTarantulaの二人からなるクリエイターユニットは、Featuringという概念を日本に定着させ、JUJUや伊藤由奈SEAMO等とのリリース楽曲の総ダウンロード数500万突破という偉業を成し遂げた。 DJとしてもRip SlymeのRyozzy Jeff(Ryo-Z)等との「アスタラビスタ」というDJチームで毎月都内でイベントを展開している。
そのメンバーの中で唯一無二、ジャンルを問わないパーティDJスタイルを展開する盛り上げ暴走隊長。

MONAKING モナキング

大阪の音楽シーンを盛り上げるマスコットキャラクター、兼DJ!2018年2月18日にアンモナ10周年に合わせてモナキング&BZMRでCDをツタヤ、タワレコなどで全国リリース!

大阪のダンスクラブAmmonaを基本拠点としDJをしており、大阪、東京、名古屋、京都、神戸、広島、福岡、沖縄、新潟、仙台、北海道のクラブやミュージックサーカスなどのフェスでのDJ活動も行なっている。海外のクラブでのDJのオファーの声もかかっており、色んなアーティストとコラボしMADE IN JAPANのモナキングのオリジナル曲を世界に発信している。

大阪城で行われたサンタランと言う病気と闘う子ども達にクリスマスプレゼントをするチャリティーイベントにモナキングが参加し積極的に大阪の活性化に貢献している。

会話の語尾に「モナ」を付ける癖があり好きな食べ物は海鮮料理で特に貝料理を好む。デザートはアイスのモナ王のバニラ味を好む。性格は「天然」とよく言われており損得で言ったら、損な生き方をしているかもと言われている。 器用か不器用かでいったら不器用かもと言われている。しかし「情熱」「純粋さ」「まっすぐさ」「ガッツ」「努力家」な部分はある。